不動産買取のメリット・デメリットをご紹介します!

「不動産を売却したいけど、仲介か買取どっちにしようか迷っている」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
そこで、今回は不動産買取のメリット・デメリットをご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□不動産買取のメリット

まずは、不動産買取のメリットからご紹介します。

1つ目は、契約不適合責任がないことです。
売却する不動産が契約内容に沿った品質等と異なると判断されると売主は買主に対し、責任を負う必要があります。
このことを「契約不適合責任」と言います。
契約不適合責任は、個人が買主になることが多い仲介取引で適用されます。

しかし、相手が買取業者である場合は、売主の契約不適合責任は免除され、対象が限定されます。
そのため、売却した不動産の品質を巡ったトラブルは起こりません。

2つ目は、内見の手間が省けることです。
仲介売却の場合、購入希望者による内覧があります。
買主が決定するまでは何回も内覧の準備をする必要があり、時間と手間がかかります。

買取であれば買取業者に室内を確認してもらうだけなので、部屋を掃除したり、内見のための予定を空けたりという手間を省けます。

□不動産買取のデメリット

不動産買取のメリットをご紹介しましたが、デメリットにはどのようなことが挙げられるのでしょうか。

1つ目は、仲介よりも売却価格が安くなることです。
買取業者は相場価格で再販売するために、買取価格は相場より低くなる傾向があります。
それは、市場の価格で買取をすると買取後のリフォームに費用がかかるので業者の利益がなくなってしまうからです。

そのため、一般的に相場の70パーセントから80パーセントの価格になります。
価格にはこだわらず、早く売りたいという方は買取するのが向いているでしょう。

2つ目は、買取できない物件があることです。
不動産会社によっては、状態が悪い不動産は買取してもらえないことがあります。
築年数が古く、大きなリフォームやリノベーションが必要で利益があまり見込めない物件や、需要の低い土地にある不動産が多いようです。
まずは、一度不動産会社に相談して買取してもらえるか聞いてみましょう。

□まとめ

今回は、不動産買取のメリット・デメリットをご紹介しました。
できるだけ早く売却したいという方は、買取をするのがおすすめです。
当社では、査定を頂いてから24時間以内にお客様へ査定金額のご提示をしております。
不動産を売却したいというはぜひお問い合せくださいませ。

PAGE TOP